2013年10月31日

菩提山城に登る


「信長の城」を書いた千田嘉博さんのツィッターを見ていたら、垂井に菩提山城という城があると書いてあった
竹中半兵衛さんのお城ともそのお父さんのお城とも言われているそうな
このあたりは息子と新垂井の廃駅を見に行った時に通り陣屋跡があるのは知っていた
家からも遠くないしちょっとの軽い気持ちでお出かけ
これが結構きつかった

去年に行った竹田城もきつかった
大体一番きついところから登ったのだから
今回、まぁ大丈夫だろうと軽い気持ちで登りだしたのは途中から心臓バックン
それに竹田城と違って誰も登っていないから不安になる
動物注意の看板もクマなんかでえへんやろかと不安を倍増させてくれる
標高は400メートルくらい
登山道と思うのだけど看板はハイキングコースで1キロ程度
しかし何しろ急でヘトヘト
この時期ならいいと思ったのに汗だく
ついてみると結構大がかりな山城であるのはバン様でもわかる
ただ元々趣味の城好きだから曲輪がどうのこうのとかはよくわからない
その上植林したのか木が生い茂り全貌が頭の中に浮かべられない
このへんは間違いなく素人
それでも堀の跡ぐらいは何とかわかる

しかし写真を見た人はこれなど単なる登山道
うーん全く写真の才能もない
1時間ぐらいかけて登り汗をひかしてから下山
途中で登ってくる人とすれ違う
こちらと違ってリュックを背負ったちゃんとしたいでたち
さすがに帰りは速くて登りの半分ぐらいで完了
帰りに行ったことのなかった国分寺跡にも寄り道
50メートルを超える塔があったと解説に書いてある
さすがこのあたり歴史の宝庫ですわ

同じカテゴリー(勉強)の記事画像
年に何回か文書(もんじょ)が読めたらと思う
同じカテゴリー(勉強)の記事
 年に何回か文書(もんじょ)が読めたらと思う (2007-07-02 10:34)

Posted by bozunoban  at 17:44 │Comments(0)勉強

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。