2010年12月25日

西日本フリーパスで鳥取まで


1日限りとはJR西日本の乗り放題きっぷ
青春18きっぷとは違って特急にも乗れる
元々買うつもりはなかったけどKTX乗車が家族の拒絶にあったのでこちらに方向変更
行先は鳥取、いろんな思い出を断ち切るんや旅じゃ
まぁ、そんなんは心の問題やし、こちらはまだまだ生きていかなあかん
息子と珍道中をエンジョイせな息子もかわいそや
大体息子と旅行に行くとろくなことがないのが今までのパターン

出だしのはるかに乗るには大垣6時発が目標
北大垣5時35分発では乗れるかどうかが微妙やから大垣駅まで歩くことに
そやのに天気は雨
息子は鳥目なのか水溜り入り放題、何しとるんや
それでも5時半過ぎには大垣駅到着
6時発姫路行に乗車して発車を待つ、もちろんJR西日本の223系の越境車
ちょっとすると1番線にムーンライト到着で満員に
大垣米原間は昔の連絡船に似ていると何かで読んだけどまさにその通り
寝起きによく走れるなと思うぐらい猛ダッシュ
いつも通り鉄鉄ちゃんはちょっと暗いところが何とも言えない
まぁ、向こうから見ればこっちの親子連れも同類
米原では皆さん新快速にお乗換え
こちらははるかの到着を待つ
写真は息子に任せて車内でくつろぐ
発車すると結構うるさいのが気になる
車内検札できっぷが違うと言われる、よく見ると雷鳥のきっぷ
大体老眼で最近きっぷの文字が読めない
遠近両用にすればいいのにいちいちかけ直しをしているのでこのメガネでは小さい文字が見えない
本当の席は前の車両、電動車じゃないからこちらは静か、それでもガタピシ音はいっしょ
京都駅では1時間あるのでドトールで朝ごはん
それからきっぷについていた商品引換券でおにぎりと京ばうむを購入
京ばうむは門田さんに頼んで買ってきてもらった思い出の品や
京都からは智頭急行のスーパーはくと
ディーゼルなのにさすがに速いわ
座席も木目調のシートバック、あくまで木目調やで
ただ加速時はやっぱりうるさい
息子は興奮して朝4時に起きたからもうお昼寝モード
智頭急行線までは快調に飛ばす
そこから先はやっぱりローカル線
一気にスピードダウンとロングレールも終了か、ガタンゴトンと昔の走行音に
到着前に京都駅で買ったおにぎりを昼ごはんに
食べだして、ありゃ
のりが味付け海苔
そやそやと思い出す
関西はおにぎり味付け海苔やったんや
うちも遠足や運動会のおにぎりは味付け海苔やった
最近はずっと焼海苔やから忘れとった
そやけど手がべとつくやないか
鳥取駅でとりあえずお前はばかやから嫌いやと心の中で叫んで普通列車に乗り換え
浜坂まで鈍行列車の旅
何やら線路沿いには多数の撮り鉄の皆様
浜坂に着いて納得、かにカニエクスプレスの撮影
はまかぜは189系に置き換えられたけど、臨時のかにカニエクスプレスは183系
新型はさすがに最近運行開始やから新車の匂い
この匂いが嫌いな人にはちょっとつらいかも
後ろの鉄ちゃんは振動係数がどうのこうのと難しいお話中
姫路まで乗車して山陽新幹線にお乗換え
乗るのは500系こだま
700系やN700系のぬべーっとした顔とは違って直線的でいかにも速そう
JR東海さんに嫌われなければ今でものぞみで走っていたのに
新大阪からは雷鳥
サンダーバードの影でがんばるももう少しで引退
いまや通路の扉は自動が当たり前だけど、乗った車両は手動
重いし音もでかいけど、よく言えば重厚
もちろん走りも重厚、それでも湖西線の疾走は大揺れ状態
敦賀駅では駅弁売り切れ、仕方無しに待合室のうどん屋さんへ
ここの肉うどんがおいしかった、息子は温たままで入れとる
敦賀からはしらさぎで米原へ
ここらへんから再び大雨
その上踏み切り確認かなんかで10分遅れ
米原の乗り換え時間は12分
やっぱり最後に来たかと思ったけど、猛ダッシュで北陸線を走る
米原到着で今度はこちらが猛ダッシュ
大垣行きは行きと同じ223系
めずらしく予定通りに大垣駅に到着
さぁ、もう思い出にはいつまでもひたっとらんで、さよならや


同じカテゴリー(旅行)の記事画像
運転手で東京へ
今年は七味温泉
大阪まで日帰り
子どもに運転してもらいながら長野へ
ヒルトン名古屋へ
宇奈月温泉に出撃
同じカテゴリー(旅行)の記事
 運転手で東京へ (2018-01-08 10:54)
 今年は七味温泉 (2017-12-05 15:26)
 大阪まで日帰り (2017-09-25 08:22)
 子どもに運転してもらいながら長野へ (2017-07-31 08:05)
 ヒルトン名古屋へ (2016-12-29 13:18)
 宇奈月温泉に出撃 (2016-12-29 12:45)

Posted by bozunoban  at 15:01 │Comments(0)旅行

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。