2010年08月29日

青春18きっぷ、最後の2枚で息子と大井川鉄道


最後の2枚を使って息子と大井川鉄道へ
もう1回瀬戸大橋とも思ったけど息子は大井川鉄道と
またまた早起きして今度は東を目指す

SLの最初の便は金谷発10時2分
それにあわせて大垣出発
最初だけ贅沢でホームライナー豊橋
373系の運用で3両編成
310円で特急車両に豊橋まで乗れる
1号車の1列
何と2列まで明らかに鉄ちゃんご一行様
ハンディの時刻表を何故か皆さん見ているので一目瞭然
豊橋での乗り換えはこの2列全員浜松行きのお乗換え
浜松での乗換えでは我が家を除いてホームライナーへまたまたお乗換え
我が家はここで一旦休憩して8時50分発で金谷へ
ここからはロングシート
クロスシートと違って旅行気分は半減
金谷で予約しておいたSL列車のきっぷを引き換え、千頭までのフリーきっぷを購入
往復料金とフリーキップは同じ値段です
二人合わせて8000円強
これは結構高いです
2号車はクラブツーリズムの皆様と一緒
金谷より駐車場のある新金谷からの乗車の方が多い
駅前には大量の観光バス
沿線には大勢の撮り鉄の皆様
冷房にない列車で1時間ほど
ひょっとして乗ってるより見るほうが楽しいのかとも思う
すぐに普通列車で金谷へ引き返す
車両は元の近鉄特急
このほか京阪電車も走っていた
南海は基地に停車
見ると冷房がないみたいでもしかしてもう使ってないのかもしれない
電車だから速くてSLの急行と同じぐらいの所要時間
車内はガラガラ
車両の傷みも結構激しい
SLは有名だけど経営は苦しそう
ただ乗る分には大阪育ちの身としては電車の方が懐かしい
座席の回転は背もたれを前に押して回す
若い人は知らないみたいで回し方を聞かれた
金谷からまた浜松へ
ロングシートの上に座れない
浜松で昼飯食って楽器博物館へ
浜松はうなぎと言うけれど、バイクと楽器も有名
ヤマハのミニチュアハーモニカのキーホルダー
ちゃんと1オクターブ音がでます
浜松から豊橋までは313系のロングシート
でっかい黒人のおっちゃんがマクドを食べながら乗っていた
有名なミュージシャンかなと思うが真相はわからない
このおっちゃん豊橋から大垣行きの新快速にも乗っていた
この移動方法から有名なミュージシャン説は消滅
クロスシートになって我が家は爆睡
気づくと安城
横で息子はまだ爆睡
時差ぼけ息子と疲れのとれない父ちゃん
日帰りは無謀だったかも
しかし大井川鉄道、トラピックとか団体旅行に組み込まれているみたいでどのSL列車も満席
ただツアーによっては途中で下車するみたいで、1両丸ごと空席状態に近い事も
せっかくだからやっぱり全部乗ってもらいたい
あとマナーの悪い青春18きっぷ族
横入りはいかんし、荷物を座席に置いたらいかん
そういう輩に限って乗ったら爆睡
遠くまで行くのが青春18きっぷの旅とちゃいまっせ
まぁ」人のこと言えんかもしれんけど、横入りと荷物は座席に置きません

同じカテゴリー(旅行)の記事画像
今年も信州旅行
運転手で東京へ
今年は七味温泉
大阪まで日帰り
子どもに運転してもらいながら長野へ
ヒルトン名古屋へ
同じカテゴリー(旅行)の記事
 今年も信州旅行 (2018-07-27 18:04)
 運転手で東京へ (2018-01-08 10:54)
 今年は七味温泉 (2017-12-05 15:26)
 大阪まで日帰り (2017-09-25 08:22)
 子どもに運転してもらいながら長野へ (2017-07-31 08:05)
 ヒルトン名古屋へ (2016-12-29 13:18)

Posted by bozunoban  at 17:55 │Comments(0)旅行

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。