2010年01月21日

そうかあれからもう1年もたったのか


岐阜市立図書館の岐阜駅にある分館
とても忘れられない想い出の場所
あれからもう1年
廣江さんはもういないけど
ここで会ったことは忘れない

去年の岐阜トレのハートフルスクエアGでのイベント
息子にとっては岐阜トレ参加後の初めてのイベント
小学生だった息子をだけを岐阜までやるわけにはいかず父ちゃんもついて行った
ついては行ったがすることがない
確かに電車は好きだが子どもが多いとこは苦手
10時に図書館が開いたのでそこで座り読み
昼飯を息子と食べた後はまた座り読み
ひょいと顔を上げると見慣れた顔が歩いてきはる
当時は西図書館の係長だった廣江さん
当時はもう体調がすぐれずお休みがちだった
それでもたくさん本をかかえてみえた
むこうも気づいて話し出す
係長会の会費を納入していないのを思い出されて払ってもらった
そして帰って行かれた
次に会ったのは1月
少し体調が良くなったのか職場にみえた
そしてそれっきり会えなかった
初め係長会で会った時は理屈っぽい人だなと思った
元々司書など役所で言えばルーズな職種
すじが通っていて正しいのは廣江さんだった
同じ岐阜県民というので話をするようになった
あー、あれからもう1年
岐阜の駅に電車が着くと廣江さんが乗ってくるような気がする

同じカテゴリー(思い出)の記事画像
どこへ行った私の知ってる布袋駅
娘のハンドの試合とサンヨーバラプール
徳山ダムへ行ってみる
十万石まつり
サツマイモを掘るのだ
小学校は終了、次のドラマは何やろ
同じカテゴリー(思い出)の記事
 どこへ行った私の知ってる布袋駅 (2012-08-18 13:57)
 娘のハンドの試合とサンヨーバラプール (2012-07-22 09:52)
 徳山ダムへ行ってみる (2012-04-30 17:30)
 2004年1月から始まったわがブログ (2012-03-03 11:52)
 十万石まつり (2010-10-10 18:54)
 サツマイモを掘るのだ (2009-09-27 16:46)

Posted by bozunoban  at 20:42 │Comments(2)思い出

この記事へのコメント


知った人がいなくなるのは寂しいけれど、
年を重ねるごとに少しずつ多くなりますね。
その人との思い出の場所があるってことは、
幸せなことかもしれませんよね。
Posted by murakun at 2010年01月24日 11:12


確かに若い若いと思っていても年は重ねるもの
いろんな人との思い出が財産かもしれません
Posted by bozunoban at 2010年01月24日 15:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。