2009年07月12日

揖斐川橋梁三兄弟


揖斐川に架かる三本の橋梁
日頃、通勤列車から眺めているけど結構有名らしい
鉄道ジャーナルの橋梁シリーズでも特集されていた
週末はカメラを持って息子と登場

一番古いのは東海道線開通時のもので明治19年のお生まれ
何と言っても重要文化財に指定されてる
行ってみると何ともない歩行者・二輪車専用の橋
塗装がクリーム色というのもちょっと
橋脚を見るとコンクリート補強の下にレンガ造りの部分が見える
ここからちょっと離れてますが樽見鉄道の揖斐川橋梁
元々ここのではなくて御殿場線のやつの再利用
明治31年生まれと大正5年生まれが合体して今も使用中
一両の樽見鉄道がノンビリと通り過ぎる
一番お若いのは現在の東海道線揖斐川橋梁
それでもバン様よりいっこ下だけの48歳
その間に2代目があったというのがレンガの橋台が残っているのでわかります
多分小学校の頃もここへ写真を撮りに来てたから見てるはず
しかし、記憶から消えている
なにわナンバーの車でおっきな望遠レンズつけたカメラを持った人も登場
このあたりは撮り鉄の聖地かもしれない

同じカテゴリー(趣味)の記事画像
養老鉄道にもこんな電車が
地下鉄東山線
電車の中で写真を撮る怪しい人
もうすぐ鉄道記念日、年に1回の開放日
今日も元気だ、甲種回送
今年最後の甲種回送の写真撮影
同じカテゴリー(趣味)の記事
 養老鉄道にもこんな電車が (2016-10-09 13:27)
 地下鉄東山線 (2015-08-29 14:24)
 電車の中で写真を撮る怪しい人 (2014-01-27 08:58)
 もうすぐ鉄道記念日、年に1回の開放日 (2012-10-07 08:34)
 今日も元気だ、甲種回送 (2012-05-19 10:54)
 今年最後の甲種回送の写真撮影 (2011-12-18 11:35)

Posted by bozunoban  at 09:36 │Comments(0)趣味

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。