2009年03月17日

バン様親子の青春18きっぷの旅 その2


2日目の朝は早い
なぜなら朝食会場が団体さんで混むとチェックインの時に言われたから
9時過ぎが良いと言われたがそれでは1日の予定が狂ってしまう
6時に起き、朝食に備える
朝食は7時から
しかし、朝食券を見ると混雑時は時間が早くなるようなことが書いてある
それならと6時30分にレストランに行くことに
エレベータにはやはりすぐには乗れない

2台やり過ごして1階へ
部屋へ戻るのにも時間がかかるだろうと荷物も持って出る
やはりレストランは開いていた
席につけて朝食を食べる
狭いレストランにすごい人で落ち着かない
もちろん相席
食べ終わると急いでチェックアウト
うーん、アパホテルもう泊まることはないかもしれない
富山駅7時35分発475系で高岡へ
乗り換え案内を聞いていると氷見行の接続が良い
8時8分発氷見行、キハ40の忍者ハットリくん

雨晴海岸の気持ちよさ
本数が少ないから氷見ですぐに折り返す
帰りは写真を撮ろうと待ち構える
雨晴で停車
その後いっこうに発車しない
信号機異常ということでしばらく停車するとのこと
しばらくが1時間になる
運転士さんが行き先を聞きに来る
ずっと待って結局はタクシー代行運送
高岡駅までタクシーで送ってもらう
運がいいのか悪いのか
予定より2時間以上遅れている
それでも万葉線に乗車
地下街で1日乗車券購入
行きは黄色い昔ながらの路面電車
土日は立川志の輔さんのアナウンス
見たことがあるような車窓の眺め
そや12月に氷見に行った時、昼ごはん食べようと車で走ったあたり
終点で県営フェリーを見送る
帰りは低床のアイトラム
ライトレールとひょっとして同じメーカー
高岡駅へ帰ってきたのは12時半過ぎ
これでは夕方までに大垣まで帰れない
マックで昼食食べてとりあえず富山へ帰る
何と419系
あの電車寝台特急の再利用車
巨大な断面と小さな窓
席の上には寝台
時間がないから富山からサンダーバードでもと思ったら敦賀に止まらない
仕方がないので金沢へ
しかし北陸線は特急銀座
普通列車は抜かれる抜かれる
しらさぎにサンダーバード、はくたかまで来よる
大先輩瀬戸喜八郎さんのおうち石動で停車
駅から大邸宅を眺める
森本駅手前で緊急停車
直前の踏み切りを人が渡って非常ボタンが押されたそうな
また、停車でんがな
金沢でもう3時半過ぎ、とってもマズイ
しらさぎ62号の自由席に乗り込む
米原まで乗ればいいのに敦賀で下車
これがまた失敗
近江今津まで普通で行く
しかし米原行きはいない
乗れたのは敦賀発の播州赤穂行
これなら敦賀で待ってればよかった
座れないやんけ
米原からやっと東海道線
本で読んで知っていたが米原からの接続がこんなに地獄とは
JR西日本さんが西から大量輸送
迎え撃つ東海さんは30分に1本
7時過ぎの米原駅、まさにラッシュアワー
それでも座れて大垣へ
実にハードな旅行であった
また夏休みに行こうかな

同じカテゴリー(旅行)の記事画像
今年も信州旅行
運転手で東京へ
今年は七味温泉
大阪まで日帰り
子どもに運転してもらいながら長野へ
ヒルトン名古屋へ
同じカテゴリー(旅行)の記事
 今年も信州旅行 (2018-07-27 18:04)
 運転手で東京へ (2018-01-08 10:54)
 今年は七味温泉 (2017-12-05 15:26)
 大阪まで日帰り (2017-09-25 08:22)
 子どもに運転してもらいながら長野へ (2017-07-31 08:05)
 ヒルトン名古屋へ (2016-12-29 13:18)

Posted by bozunoban  at 20:39 │Comments(0)旅行

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。