2008年01月05日

キッザニアへの道のりは厳しい


キッザニアへの遠征初日である
12月31日何をしてるんやと言いはる人もいるやろけど家族サービスや
TDRへ行かへんから、ゆっくり大垣を8時に出発
年賀状を出し忘れたのがあるからと娘が言いよるのでポストへ
大垣の環状線を走ると交差点にラブホテルがある
その名はヴィーナス
息子は何故かここが大好きで通るたびに「ホテル・ヴィーナス」「恋人たちがラブラブするところ」と車の中で叫ぶ
うーん、難しい年頃である
空からは雪が舞う

いつも通り愛知県にはいると晴天
しかし強風
結構ハンドルが取られる
それでも高速は快調に流れている
トイレ休憩をとると、家族全員が爆睡モードに突入
昼の休憩で起きるとその後も爆睡
首都高に入ると少し渋滞するが、今夜のお宿東京さぬき倶楽部に2時少し前に到着
元は香川県の宿泊施設だそうで、夕食のさぬきうどんが名物
夕食の予約をして、娘の憧れの東京タワーへ
宿から歩いて20分くらい
着いたら切符買うのに並んでる
TDRに比べればたいしたことないと並んでると、従業員のお兄ちゃんが「ここから焼く40分です、しかし階段を使っていただくと15分くらいで展望室まで到着します、お子様には缶バッジを進呈、上では階段で上った証明書を発行します、階段はだいたい600段です。」
すると子どもたちが階段で行くと言い出す
お兄ちゃんについて横から入れてもらい4階へ
そこで切符を買う
エレベータ使うのとおんなじ値段や、片道しか使わんのやからまけてくれなアカンわ
親子4人上り始める
息子が走り始める、娘も走り始める
お父ちゃんはマイペース
ところが嫁さんが脱落
ちっとも上がってこない
娘も心配して戻ってくる
お台場の観覧車と同じ高さという所で娘と記念写真
それでも嫁さん現れず
娘と嫁さんほったらかしで階段を進む
このあたり結婚10年を過ぎた健全な日本の夫婦の姿である
みんなに遅れること5分で嫁さん到着
「アベックがキャーキャー言いながら上ってる」とブツクサ
東京タワーは禁煙でない
そやから煙がこもっている
タバコを吸うバン様にもちょっとつらい
あたふたと下りエレベータで下へ
東京タワーのボールペンとか訳のわからないみやげを子どもたちが買う
タイムスリップしたようなおみやげ屋さんがある
半分は東京土産の新しいお店
半分が昔ながらのおみやげ屋
ちゃんと木刀も売っている
小学校の修学旅行で伊勢志摩へ行った時に買ったおみやげの木刀を思い出す
結構時間がかかったもんでそのままお宿へ帰ることにする
お宿は麻布十番にある
そういえば商店街があって豆源という有名な豆屋さんもあるみたい
寒い寒いと言いながら商店街らしき方向へ歩く
迷ってはいけないと交番があったからおまわりさんに尋ねる
「麻生十番の商店街はどこですか」
指差されたのは目前の商店街
あちゃーやけど迷うよりはええ
おいしそうなおでん屋さんとかすしロールのお店とか活気がある
蕎麦屋さんの前には長蛇の列、さすが大晦日
お目当ての豆源は外まで列がでてるからすぐにわかった
名古屋で言うと豆福
お店で塩おかきを揚げている
外から息子とガラス越しに見ていると欲しくなる
並んで揚げたてを2袋買ってしまう
すぐに袋をあけて4人でほうばる
うますぎる
お宿へ帰って大浴場へ
ここは基本的にバス・トイレなし
しかし上の階の6部屋だけバストイレ付き
うちはバストイレ付きに泊まったんやけど大浴場や
疲れた体を湯船で伸ばす、日本人の基本である
6時半の予約時間にはきっちりと食堂に登場
息子はさしみ定食、娘はさしみにたこのから揚げ
父ちゃん女木膳に嫁さん塩飽膳
膳には最後にさぬきうどん
実にうまい、うますぎる
そう言っていると息子が食っている、娘も食っている
親の分が無くなり、ぶっかけを二人前注文
ちょっと食べれんかと思ったけどするりと入ってしまう
恐るべし、さぬきうどんの力
ウコンのちからやのうて、うどんの力や
ビールも飲んで満足の食事タイム終了
お部屋へ帰ってデザートタイム
豆源で買った豆かん
しかーし我が家の口には合わず、ちょっと失敗
それでもテレビのよいこの無人島生活を見ながらゲラゲラ笑い、2007年は過ぎ去って行った


同じカテゴリー(旅行)の記事画像
運転手で東京へ
今年は七味温泉
大阪まで日帰り
子どもに運転してもらいながら長野へ
ヒルトン名古屋へ
宇奈月温泉に出撃
同じカテゴリー(旅行)の記事
 運転手で東京へ (2018-01-08 10:54)
 今年は七味温泉 (2017-12-05 15:26)
 大阪まで日帰り (2017-09-25 08:22)
 子どもに運転してもらいながら長野へ (2017-07-31 08:05)
 ヒルトン名古屋へ (2016-12-29 13:18)
 宇奈月温泉に出撃 (2016-12-29 12:45)

Posted by bozunoban  at 17:30 │Comments(0)旅行

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。