2007年07月02日

年に何回か文書(もんじょ)が読めたらと思う


文書である、ぶんしょでなくてもんじょである
何故かバン様は日本史を専攻した
思い起こせばウン十年前
大学で何を勉強したいというのはなかった
昔から社会は得意であった
地理か日本史かは少し悩んだ
日本史の方が偏差値が高かった

そう言いながら数学が得意であった
しかし、うちの高校は早いうちに文系と理系を分ける
文系であった
それでも私立の選択科目は日本史を選ばず数学で受験した
玉砕であった
豊橋の大学に拾ってもらった
翌年から共通一次が始まると言う事もあり浪人はいややった
結局、二期校の発表までじたばたした
何故か二期校は農学部を受験した
文系であるのに無茶苦茶や
みんな行くから大学行この典型である
もちろん家から通えんから寮に入った
何が何でも家からは出たかった
遅れてやってきた反抗期である
入寮合宿が玉川旅館で行われて参加
不思議な合宿やった
政治なるものを知った
次は史学科の合宿
鳳来山やった
その時、先輩に「寮は民青やぞ」と言われた
よくわからんけど、とてもいやそうに言われた
まぁ、それはええとして日本史の専門授業が始まった
1年から日本史講読である
古文書を読む
暗号と言うか、判読不能であった
それでもみんな読める
辞書をひいても読めない
古文書研究会なるものに参加したがすぐに挫折
怠惰な寮生活まっしぐら状態
寮にいると言うと民青と思われる
これがイヤやった
結局、大学でのお付合いは寮仲間に限られた
全寮連の機関紙は「緑の旗」
紅葉すると「赤旗」やと思った
ちゃうちゃう古文書や
見事に講読は落とした
翌年は1年にまじって授業
故歌川先生が「次は何年もやってる人に読んでもらおう」と当てはる
これはきつかった
2年やってもダメなものはダメ
試験は背水の陣で勉強するのではなく、カンニングの術を学んだ
見事パス
それ以来古文書はトラウマ
数年に1回、もう1回やったろと本を借りてくる
それでも、やっぱ暗号は暗号
全く読めない
御と言う字は得意、その程度である

同じカテゴリー(勉強)の記事画像
菩提山城に登る
同じカテゴリー(勉強)の記事
 菩提山城に登る (2013-10-31 17:44)

Posted by bozunoban  at 10:34 │Comments(2)勉強

この記事へのコメント


へぇ~、バン様の専攻は日本史だったんだぁ~
知りませんでした。
古文書だったら今の職場にぴったしではないですか。
こりゃ、あと2,3年はやってもらわにゃね。(アッハ)
Posted by murakun at 2007年07月02日 17:42


冗談はおよし
夕鶴の鶴やと言ってるのに
今年でお終い
Posted by bozunoban at 2007年07月02日 19:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。