2005年05月23日

「時代を画した日本車の技術・10」おもろい本や

book1.JPG

安くて燃費が良くて壊れないのが日本車のイメージ
そやけんど、こんな技術が日本車の中に
プロジェクトXみたいやけどやっぱ技術の日産(えらい古いな)やなくて技術の日本
CVCCにロータリーはたまたハイブリッド

のっけからスバル360やもん
おじさんの乗っとった車で伊吹山に連れて行ってもろうた車
途中で登れんくなって引き返したとばっかり思とったら、おじちゃんは「そうやない、ちゃんと登った」とおっしゃった
HONDAのF1はもう言うことなし
高回転高出力のHONDAここに極めり
後だしじゃんけんTOYOTAはいつもの手や
CVCCにVTEC
エンジン屋さんはやっぱりHONDA
社運を賭けたロータリー、MAZDAのDNA
ガソリン大食いだろうが回転運動のスムーズさ
できればロードスターにのして欲しいよな
せっかくの軽量コンパクトやもん
ミラーサイクルも実用化、そやけどさっぱり話題にならず
しかしTOYOTAはプリウスで生き返らせる
資金力の差なのか
そやけどルマンで勝った日本車はMAZDAだけや
DATSUN240Z日本じゃフェアレディZ
プアマンポルシェと言われようと大ヒット
今のZはZとちゃうで
スバルと言えば4駆とボクサーエンジン
そうか日産からプロペラシャフトとデフをこうて生まれたのか
レガシーが欲しいよ、梶川さんちょうだい
カローラとハイメカツインカムはまあええか
プリウスは赤字でも売り出せるTOYOTAやから生まれたはず
ここでのHONDAのインサイトは反則技や

同じカテゴリー()の記事画像
ちょっと早いですが
年だから安全のため
いよいよあみお号も最終でしょうか
ゴルフ6のドアミラースィッチを修理す
バッテリーを交換す
代車はゴルフ7の特別仕様車ラウンジ
同じカテゴリー()の記事
 ちょっと早いですが (2017-10-30 17:22)
 年だから安全のため (2017-07-11 08:52)
 いよいよあみお号も最終でしょうか (2017-03-20 16:16)
 ゴルフ6のドアミラースィッチを修理す (2016-09-01 20:42)
 バッテリーを交換す (2016-07-02 14:53)
 代車はゴルフ7の特別仕様車ラウンジ (2016-01-16 18:28)

Posted by bozunoban  at 13:24 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。