2004年03月13日

江口洋介ってこんなに渋かったけ。

15148.jpg

毎週木曜日の白い巨塔をを見ながら、江口洋介ってこんなんだっけと思っとって、嫁さんに聞いたら救急救命医にでた頃から変わったと教えられた。
それと、生茶の宣伝、なんで「男の勲章」嶋大輔から「夢の中へ」井上陽水と違和感なく曲が代るんやろ。

白い巨塔と言えば田宮二郎と思いながら唐沢君(そんな呼び方失礼やないか)のを見だしたら、やめれんくなった。
確かこの2作の間に村上弘明でスペシャル版があったような気がするんですが、柳原君は堤真一だったような、見たはずだが。
あっ、それで江口君(またそない失礼な)里見先生ですが、こんなおさえた演技ができようとは、
どうも昔のにいちゃんイメージがあったもんで、昔の山本學さんができるかなぁと感じながら見ていたら、なかなか渋い。
ほんで、嫁さんに聞いたら救急救命医(ERみたいなのに、お金かけてないのがありありであまり好きでなかった)の頃から変わってきて渋くなってきたと奥様連中が言ってるそうな。
奥様の心をがっちりつかんだら間違いありまへん。
やっぱできる人はできるんやな。
おんなじ頃に吉田栄作とかいう総理大臣の名前かけあわせたような人がおって、同じようなキャラだった様な気がするんだけどアメリカへ演技の勉強に行った。
だけど、帰ってきたら忘れ去られていた。こわいなー。

「つっぱることがおとこのくんしょうー」と歌いながら、次には「いってみたいとおもいませえんかー」このバツグンの流れはなんなんだ。
メドレーと呼べないかもしれないけど完璧だ。
誰がこんなん考えるんやろ。
世の中すごい人がいるもんじゃ。
40肩が悪化していく。

同じカテゴリー(テレビ)の記事
 3年で壊れてしもうた我が家のテレビ (2006-07-09 13:18)
 レンタルの「救命病棟24時」にこってま (2005-11-27 13:16)
 万博の日本館を巨大なうんこと言う勇気 (2005-02-27 08:35)
 「冬のソナタ」に対抗して「夏のソナタ」 (2004-06-06 15:58)
 こんにちわ、ありがとう、さよなら、またあいましょう (2004-05-14 20:23)

Posted by bozunoban  at 09:41 │Comments(0)テレビ

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。